ミネラルウォーターは骨を丈夫にする

ミネラルウォーターは骨を丈夫にする

何時からでしょうか?ミネラルは体に不可欠な栄養素であるのは皆さんはTVの番組、雑誌などでご存知だと思います。
昔はわたし達日本人はミネラル豊富な海藻や雑穀をよく食べていました。段々と食生活が欧米化する様になり、このミネラルが不足してきています。

 

考え方としては、食事からこのミネラルを補う事を考えるのでは無く、ミネラルがバランスよく含まれたミネラルウォーターをうまく利用すれば効率よくミネラル補給ができます。
それではミネラルウォーターに含まれていますこのミネラルである、カルシウムとマグネシウムとはそれぞれどんな役目をしているのでしょうか?
          そこで、そのことをお話ししたいと思います。

カルシウム,マグネシウム,ミネラルウォーター

カルシウムは、わたし達の身体の中に最も多く含まれるミネラルで

実はその99%が歯や骨の中にあり、残りの1%は筋肉や神経だとか体液などの中にあり、この体液の中のカルシウムは骨や歯の形成を助けたり、筋肉の収縮を促したり血液の凝固を助けたりする大事な栄養素のひとつでもあるのです。だからカルシウムが不足すると、体に色々と不調をきたし又精神的にもイライラなどを起したりするのです。

 

しかしこのカルシウムは、説明の通りに常に不足しがちであり、そのひとつの原因として考えられるのが、この日本の原水の多くが軟水であり、この為カルシウムを摂取する機会が欧米に比べてとっても低いのがひとつの理由だと考えられます。

 

マグネシウムはカルシウムを骨から出すサポートに必要

 

マグネシウムは、カルシウムが体内でしっかり働いてくれるようにサポートしてくれます。このカルシウムが、骨から溶出すのを防いでくれて、血流を整える大事な働きをしてくれるミネラルなのです。 実は体内の含有量はすごく少なくて0.14%と、とっても微量なのです。 そして、カルシウムと同様にそのほとんどが骨や歯に含まれているの。

 

カルシウムをしっかり摂っていても、マグネシウムが不足すればカルシウムが十分に働かずに不足しているのと同じ状態なのです。本当にバランスよく摂取することが大事なの、体温や血圧を調節する役目もあるのです。

 

一般的には、カルシウムとマグネシウムは2:1の割合で摂ると良いとされ又、マグネシウムは過剰摂取すると下痢を起こしやすく注意が必要です。
(便秘などのお薬にはマグネシウムが含まれてる)

 

ミネラルは代謝活動にとり必要不可欠な栄養素

5大栄養素は、バランスよく摂る必要がある身体の構成に重要なエネルギー源であります。たんぱく質・脂質・炭水化物の3大栄養素とビタミン・ミネラルを加えた5大栄養素。ミネラルは体内で合成できないので、食べ物・飲み物から摂取しなければならない。

 

                       

追 記


ミネラルウォーターとして販売されています有名なエビアンは、カルシウムやマグネシウムなどが適度に含まれた絶妙のミネラルバランスのお水ですね。おススメです。

 

カルシウム,マグネシウム,ミネラルウォーター

 

 

>>次のミネラルウォーターの原料へ..

 

>>TOPページへ


らくらく交換のコスモウォーター アクアクララ☆ 早見優の・仙寿の水 デザインのフレシャス TOPページ