梅雨にはいると体調が悪くなり、だるい、体が重いなどを感じます。

 

大雨特別警報には、雨量の基準と低気圧の基準の2つが設定されています.

 

 

 

梅雨,高温多湿

 

夏ばての前に梅雨ばてになる・・・この季節本当にイヤですよね!..

 

 

 

何故梅雨になると体調が悪くなるの?

 

梅雨,高温多湿

 

それは高温多湿の為です。

 

 

 

身体は暑いと汗をかき、からっとした気温の時は渇きます。
このため暑いと、身体に水分が溜まらない上に水分が排出され、体がドライ状態になります。

 

 

逆に湿気が多いと

 

汗をかいているのですがうまく蒸発されなくて、体内にこもりたりします。そのためむくんだりして体が重く感じてだるくなるのです。

 

 

天気の気圧が低い低気圧の時期は、余分なエネルギーの消耗を抑えようと副交感神経が活発になり、自身の体を休ませる信号がでます。
このための反応が「だるさ」の原因ともいわれています。

 

 

 

このように梅雨時は、体調を刺激し「自律神経」「血流」 に影響をおよぼしたりするので、お子さんやお年寄りの方は気をつけておかないといけません。 

 

その後も夏になり暑くなる季節がおとずれます。
食事のバランスをよく考えて食べすぎなど注意しながら良い栄養分を摂取してほしいですね。

 

 

 

 

食材には生ものは出来るだけ避けていただく!

 

 

食中毒の季節なので梅雨時は、本当に食べ物には気をつけてください。

 

 

 

 

この季節、生ものは出来るだけ避けてほしい。 調理で加熱して食することが梅雨の季節には必要です。
勿論食材の保管は「冷温&密封」するように心がけで下さいね。

 

 

 

体調管理のため水分補給はコマメに摂る事もおススメ致します。

 

 

そしてしっかりと手荒いや除菌などすることが良いでしょう。食事もバランスよく栄養補給し、ミネラルウォーターで水分補給する事で梅雨の季節を乗り切りましょう。

 

もちろん適度な運動も必要です。

 

 

 

 

 

 

梅雨期は大雨による災害が発生しやすい時期

 

梅雨はつゆ明け後、盛夏期になります。必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあるのですが、続けて台風が発生します。近年は大型の台風が日本を直撃しています。

 

注意が必要です。

 

 

 

一方、梅雨の期は曇りや雨の日が多くて、憂鬱ですね。日々の生活にも様々な影響を与えることからも、関心が高くなっています。

 

 

 

 

下記は気象庁へのリンクです。

 

<気象庁公式ページ>
https://www.jma.go.jp/jma/index.html

 

 

 

 

トップページ
熱中症には注意(1) 熱中症の新分類

 

トップへ戻る