熱中症には注意(1) 熱中症の新分類

熱中症の新分類to注意事項

熱中症

 

毎年6月に入る時期や、7月4日から7月10日の一週間における
熱中症搬送人数が4000人を超えるという危険な季節は

 

十分に熱中症を自分の事として、速報などを発表している
ニュースもしっかり覚えておき、いつでも対応できるようにしておくことです。

 

 

それでは読みすすめてほしいです。

 

 

本当に気をつけたい熱中症

 

5月末ごろでも油断しないで、日ごろから水分補給をこまめにしよう。

 

 

下記グラフを参考にしてください。

 

熱中症

 

 

     猛暑が続く時、身体にはバランスが壊れて体温調整がうまくいかず、
     やばいかもしれません!

 

 

 

・梅雨が終わり猛暑の次期・「児童・お年より」油断は出来ません!

 

室温が高い湿度が高いこの中で居ると体内の水分や塩分の
バランスが壊れて体温調整がうまく作動しなくなる、こうなると
目まいやだるさがおこる。

 

 

熱中症

ひどくなると痙攣や意識障害がおこります。
これが多くTVやニュースで言われている熱中症といいます。

 

この熱中症は真夏だけではなくて身体が暑さに慣れていない梅雨明けの
季節にも起こることがあるようです。 涼しい日が来ても油断は禁物ですね!

 

 

 

 

外出時は吸水性と通気性の良いすぐに乾くような素材の服がおススメです。

 

特に女性はUVにも気をつけなくてはならないので、日傘・帽子などの日よけ体策は忘れずに行いましょう・UVカット機能はもちろん更にひんやりとした使用感の日焼け止めや身体に表面から冷やすスプレーは、体感温度を下げるアイテムで暑い夏をより快適に楽しむ方法として熱中症リスクを減らす事も出来る良い方法であります。

 

  

   暑 さ 対 策

 

のどが乾く前に水分とミネラルの補給

 

無理な運動はしないで適度に休憩をとる


  

身体をクールダウンするグッズを使う


   

外出は日傘などの対策をする


    

エアコンや扇風機で室温を上手に調整


     

部屋の温度と湿度はこまめにチェック!

 

  ◆ 熱 中 症 の 新 分 類◆

 

T :めまい、立ちくらみを自覚、足がつる、汗がドンドン出る

 

U :頭痛、吐き気、つかれ、だるさなどの全身の倦怠感を自覚

 

V :意識障害、けいれん、体温の上昇

 

 

となっております。 

したがって、熱中症対策の第一歩は、こまめな水分補給です。
隠れ脱水症では喉の渇きは無いので気をつけなければならないのです。

 

特にプールでの水泳や発汗がとても多いスポーツの前後は忘れずにミネラルウォーターなどを適量にワケて飲んでいく事が大事。

※なってからでは遅い熱中症

 

 

・WHOが提唱している経口補水液OS−1は、お子様からお年寄りまで、
軽度〜中度な脱水症状時には良いと思います。

 

 

 

アマゾン、楽天などで手に入るので自宅で保管して外出時に持って行くのも良いですよ。

 

熱中症

感覚的に甘みより塩味が多少あり、お医者さんが点滴より優れているドリンク剤があるぞ! と薦められたとか、糖質はポカリの3分の1、塩分はポカリの2.5倍強であり基本は医師、看護師の指導の下で飲む事が推奨されているのです。

 

あの所ジョージさんが家庭農園中に熱中症で緊急搬送されてから、CMキャラクターに抜擢されていますね。“脱水”は、甘く見ちゃダメ(笑)と言っていますが...マジです。

 

 

 

ただし、経口補水液OS−1、乳幼児の場合には注意が必要!

水中毒を引き起こす危険があるので

 

必ず医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導を受ける事であります!

 

 

 

 

  ※(最後に有名なTEDの動画お時間あるときご覧下さい^^)

 

☆健康と水分について、考えさせられます。

 

YouTube 熱中症 :音が出ますのでご注意くださいね!

 

 

 

熱中症には注意(2)梅雨が終わり猛暑の季節へつづく..

 

 

転写複写禁止


らくらく交換のコスモウォーター アクアクララ☆ 早見優の・仙寿の水 デザインのフレシャス TOPページ