ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターとは?

ミネラル,ウォーター,水,安全,評判

◆日本のミネラルウォーターとは?

 

種類と成分殺菌処理の方法で分類される。

 

人間の身体の大半が水であるのと同時に、地球の70.8%も水が占めています。
又、人の体液と海水の成分が近いのも、本当に不思議な共通点なのですね!地球上の水のうち、97,5%を占める海水は、飲むことが出来ないのですから… ココにも不思議な感じがします。

 

そして、約2%は氷河と地表水で飲用するには処理が必要なんですね。しかし、わずか1%以下を占める地下水のうち、処理をせずに飲むことができる水があります。
この地下水の一部が「ナチュラルミネラルウォーター」なのです。

 

地球上に降る雨や雪は、様々な道をすすみ、そのすすむ道のりにより水質、純度、味が構成されていくのです。 

 

その地下水の一部は、大自然のフィルターを長い年月をかけてくぐり抜けて不純物が取り除かれていく。 そして、それぞれの自然なミネラル成分が与えられ各地区、地域、国の特徴のアル天然の水「生水」になるのです。
だから、様々なミネラル類が含まれているのです。

 

ミネラル,ウォーター,水,安全,評判

 

ミネラルウォーターの品質表示のガイドライン

 

 

◆ミネラルウォーター類

 

水に含まれるミネラルは、殺菌処理をすると減る可能性があります。
農林水産省が発表しているミネラルウォーターの品質表示のガイドラインでは全ての水に殺菌処理を義務づけ、容器入りの飲料水を「ミネラルウォーター類」と呼び、殺菌処理の方法により4つに分類しています。

 

@ ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌以外の物理的、化学的な処理を行っていないものをいう。

 

A チュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターの中でも、ミネラルをもともと含む地下水を原水としているお水で処理方法はナチュラルウォーターと同じなのです、沈殿、ろ過、加熱殺菌に限り日本で一般に「ミネラルウォーター」と呼ばれる。

 

B ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターの中でも、品質を安定させるためにミネラルの調整や複数のナチュラルミネラルウォーター混合、紫外線やオゾンによる殺菌、除菌などの処理や調整を行っているもの。

 

C ボトルウォーター
例えば、1〜3以外の飲料水は、純粋、蒸留水、水道水などの処理方法の制限がなく、大幅な改変を加えてもよいとなります。
日本のミネラルウォーターは、全て殺菌処理が義務づけられていますが、ヨーロッパでは逆に「殺菌しないこと」が義務づけられ殺菌処理した水はナチュラルミネラルウォーターと呼べません。

 

何故なら、殺菌のためとはいえ、加熱すると水の組成は変わり、本来の水が持つミネラルやおいしさの元ともいえる酸素や炭酸ガスがなくなってしまうからです。
安全面の問題をどうクリアしているかなど、ヨーロッパのミネラルウォーターについての詳細は、別の機会でお話致します。

 

「水」の先進国ヨーロッパと日本とはお水に関して異なる事はお分かり頂けましてでしょうか? ココまでご一読くださりありがとうございます。 

 

ミネラル,ウォーター,水,安全,評判

 

--是非.他の題目もご覧くださいませ--

 

>>次のナチュラルミネラルウォーターの基準の違いページへ

 

>>TOPページへ


 

らくらく交換のコスモウォーター アクアクララ☆ 早見優の・仙寿の水 デザインのフレシャス TOPページ