血管の老化はなぜ起こるの

血管の老化はなぜ起こるのか

 

そのひつとが塩分の取りすぎ、とりすぎると
ミネラルバランスが乱れて体の余分な塩分を排出しようと身体の生理機能が働

 

き血圧が上昇する。

 

こんな状態が続くと血管の最も内にある内皮細胞のバリア機能が弱まり傷つき

 

やすくなってくる。

 

その隙間から異物などが入り込んでくるようです。

老化,血管

その代表格がLDLコレステロール、これが血管壁に侵入しますとLDLコレステロ

 

ールが活性酸素の影響をうけ、更なる悪玉を増して酸化していくようです。

 

 

 

この酸化したLDLコレステロールへと変化してしまう様です。
身体の細胞がそれを異物とみなし、免疫力細胞のひとつのマクロファージが攻

 

撃して、異物を食べていく事でこのマクロファージは、アテローム性プラーク

 

と言う泡状の細胞に変わり血管内幕にコブのような隆起をつくりこれが、太い

 

動脈でよく起こる血管の老化現象の「アテローム硬化」なのです。

 

たとえば、高血糖が続くと血液にAGEと言う悪玉物質が増加し、動脈硬化を進

 

行させる、この先は最悪の場合血管が耐えられなくなり、プラークが破裂、血

 

栓が詰まり脳卒中や心筋梗塞などの血管病を誘発してしますのです。

 

この状態の始まりが最初に書いた、塩分の取りすぎから進んでいくのがお分かりになったと思いますが、やはり塩分の過剰摂取は命の過剰摂取につながるようです。

 

本当に日ごろから自己管理が必要ですね。

 

 

安心のウォーターサーバーで水を飲む7つの理由とはより


らくらく交換のコスモウォーター アクアクララ☆ 早見優の・仙寿の水 デザインのフレシャス TOPページ