ミネラルウォーターの海外と日本の違い

 

 

日本でのミネラルウォーターはすべて殺菌処理をすることが義務付けられています。殺菌方法の違いにより4つの種類に分類され、日本と外国ではミネラルウォーターのガイドラインに違いがあります。

 

 

 

 

 

ミネラルウォーターは良い成分が多いけど。。

 

 

だからと言って硬度の高いウォーターは決して美味しいとは言えませんね。ひとによっては下痢を引き起こス場合もアルのです。どんなミネラルウォーターでも体に良いとは限りません。ミネラルウォーターには「硬水」と「軟水」があって日本人は「硬水」に注意が必要でしょう。

 

 

 

 

 

海外のミネラルウォーター

 

スイスやヨーロッパに旅行すると軽く下痢をしてしまう方がおられます。水の硬度が高いので起こるミネラルウォーターが原因です。

 

同じ国でも広いUSAはニューヨークやワシントンは軟水で対してシカゴやラスベガスでは水の硬度が高いのです。

 

ヨーロッパは、地面が平坦で広いので、雨水などが地中に留まる時間がとても長いのでその分地中にあるミネラルをたっぷりと吸い込むのです。

 

 

 

 

日本のミネラルウォーター

 

日本は火山国なので地層はミネラル分がもともと少ないのです。地層に水が留まる時間も短いので水にミネラル分があまり含んでいないのです。

 

赤ちゃんのミルクには軟水がいいでしょう。ミネラル成分が少ないことからクセがなく飲みやすいですよ。
硬水を使うと下痢の原因になるからお子さんには注意が必要です。

 

 

この様に硬水はミネラル成分を多くいのでクセがあります。調理やお茶には軟水が適していると考えられます。同じミネラルウォーターでも硬水、軟水の使い分けが必要だと言えるでしょう。

 

 

軟水硬水はどの様に使い分をしてる

 

トップへ戻る