不純物を取り除く方法で作られる逆浸透膜を通した水がRO水

 

 

RO水、実は何年も前からあります。一度簡単に説明を致します。

 

 

その前に、やはりわたし達の日本が大災害にみまわれ、原子力の事故により安全神話が崩壊した事から更にわたし達は、家族と子供さんにいたるまでのお水の安全性をもっとしっかりと勉強し知識を得て賢く選んでいく事が大切です。

 

 

RO水,フィルター,ピュア
【RO膜イメージ図:水分子だけを透す】

 

 

 

「逆浸透膜」(RO膜)という最新のろ過システム

 

 

そこでRO水ですが「逆浸透膜」(RO膜)という最新のでろ過システムでNASAが開発しました。この「逆浸透膜」RO膜は、細菌・ヒ素・ダイオキシンなどの不純物そして放射能物質をもろ過しています。

 

国の定める基準に飲料水摂取制限の指針があり、この「逆浸透膜」RO膜は、0.0001ミクロンの超微細孔フィルターで不純物を除去しているのです。

 

 

 

 

 

ミネラル類もこの「逆浸透膜」は除去します

 

 

しかしミネラルウォーターのいい栄養素であるミネラル類もこの「逆浸透膜 (RO膜)」は除去します。  従いまして、まったくのミネラル成分の無い、真水となります。

 

 

だから飲料水だけではなく美容の為、洗顔用の真水としても使われている様です。 
健康志向美容思考のユーザーは無視できないのですものね。

 

 

製造工程でこのRO水が真水であるため、そこに栄養分のミネラル成分を導入してミネラルウォーターを作っているのです。

 

 

 

赤ちゃんのミルク用

 

 

 

また、赤ちゃんのミルク用としてお子さんの飲料としても広く使われているのですね。

 

しかし赤ちゃんにとりより良いお水についての考え方は、お母さんの母乳にも影響しますので、あまり硬度の高いお水は避けて頂くことをおすすめします。

 

 

実はウォーターサーバーNO.1のアクアクララはRO水なんですよ。

 

赤ちゃんのお水にも使えるアクアクララのRO水

 

 

 

 

 

そしてやはりミルクを作る時にお水(お湯)を使用しますので、会社の知名度があり、取り扱うお水が安全でなければなりません。

 

安心安全でしかも硬度が30mg/L以下のミネラルウォーターが良いでしょう。

 

 

 

 

 

次の「赤ちゃんのウォーターは」の記事へジャンプできます

 

RO水,フィルター,ピュア

 

 

 

(ママの美容については→「水を飲んで美肌美人になろう」のページをご覧下さい)

 

トップへ戻る